泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

子どもの可愛さを噛みしめるには…

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
認定NPO法人マドレボニータ 理事/インストラクターの宮澤千尋です。

オンライン&対面で産後ケアをお届け中!!

バランスボール大泉学園教室は毎週金曜日に開催中🔴✨

※8月のバランスボール教室は休講いたします

◇自己紹介◇ ◆ホームページ◆ ◆各種レッスン◆ ◇Instagram◇

 

f:id:rinfamilylife:20190817232218j:image

(夏休みの一枚:キャンプショップにて)

 

こんばんは🌙

りんちゃんこと宮澤千尋です(^-^)

 

3人目だからなのか

三男の菩薩のような性格からなのか

「はぁ〜可愛い…天使かな…」

と思いながら三男を眺めることがとても多いです。

 

もちろん長男も二男も

可愛いと思いながら過ごしてきました。

Facebook で時折

「◯年前の今日」の写真が表示されるのですが、

そこに一歳半の長男を見ると

「はぁ〜この頃もメロメロだったな…」と(笑)

 

でも…今日ふと気がついたんです。

妊娠していない状態で1歳から2歳になる我が子を見つめているのは今回が初めてであることに!!!

 

これか!!

 

毎回つわりが重く、長く、

つわりで体力を消耗しきってからの妊娠後期。

 

我が子を「可愛い」とその時その時に思いながらも

それを噛み締めてニマニマ(笑)する余裕が

今まではなかったんですね…(OvO)

 

可愛いを噛みしめるのも

可愛いを活力へと繋げるのも

余裕があってこそよね…としみじみ。

 

心も身体も セルフケアしていくことを

忘れないようにしようと改めて思いました(>_<)

 

■応援クリックしていただけると嬉しいです■


人気ブログランキングへ