泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

洗濯物論争

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
認定NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士の宮澤千尋です。

◆◇ホームページはこちらから◇◆

 【大泉学園教室 10月はスペシャル月間】

ボールエクササイズ×セルフケア

毎週火曜日10:30-11:30

4回コースはお得なコンプリート価格

◆詳細&お申し込みはこちらから◆

----------------------------------------------

【オンラインレッスン】

60分ショートレッスン

◇詳細日程&お申し込みはこちらから◇

75分×4回コース

◇詳細はこちらの記事をご覧ください◇

夫の第三子希望討論会を経て…

(数年前ですが、第三子希望討論会はこちら→

 

洗濯機に入れて、回して、干して、(わたしが取り込み)、畳んで片付ける。

我が家の洗濯物は夫の担当となりました☆

 

たまに干し方の提案をしたり

朝干すか夜干すか話し合ったり

 

しかし先日…洗濯物論争勃発!!

 

昨日出ていたはずの子どもの洗濯物がない??

「ないよー、昨日洗ったー??」

ゴソゴソゴソ…「あ、ここにあった(未洗い)」

「むむーん。。。」

 

ちょっと提案。

 

f:id:rinfamilylife:20200717111250j:image

※コンパクトにするために簡潔にまとめていますw

 

なんですとー!!!

毎日必須のアイテムこれだけですよ・・・

 

f:id:rinfamilylife:20200717111255j:image

 

でもまぁ・・・朝出勤前の時間は限られているし、ないものを探すのはストレスだよね。

でもでも、わたしもわざわざカゴをひっくり返してアレないコレないするの嫌だなー。

 

わたしの中では「洗濯機に入れる前に仕分けしながらあるものないもの確認して、漏れなく選択する」が洗濯係の仕事で自分もそうしていたけれど…それはわたしの感覚ー。

「これだけだよ?」というのもわたしの感覚ー。

 

とりあえず、夫は今できることをやっていて、これ以上の負荷はちょっときついことが分かった。

 

でも、わたしは予備増やすよりも毎日洗えばいいじゃんと思っている。

 

・・・・・・ひらめき~☆

 

f:id:rinfamilylife:20200717111957j:image

 

昔のわたしなら「じゃあ洗濯わたしがすればいいんでしょ、もういい。」というよく分からない方向に走っていきそうなところを、相手の考えと自分の考えを言葉にして解決できたことに拍手✨

 

わたしはかごの中を物探しのためにがさごそするのは嫌だったけれど、ネットに入れる作業は苦じゃないし、それで「あれが洗われてなーい!」がなくなるなら万事OK◎

(でも出来ればやってほしいと思っていたから最初からは出てこなかったw)

 

今回はわたしがやることを変えるという方法でしたが、夫が提案をして変えてくれることももちろんあります。

 

子どもも成長するしお互いの状況も変わっていくからね~。

これからも話し合いと提案を重ねていきたいと思います(^^♪