泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

もしかして低身長?

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
認定NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士の宮澤千尋です。

◆◇ホームページはこちらから◇◆

【オンラインレッスン】

60分ショートレッスン

◇詳細日程&お申し込みはこちらから◇

75分×4回コース

◇詳細はこちらの記事をご覧ください◇

f:id:rinfamilylife:20201119113143j:image

 

 

ちっこくてかわいい二男(4)

2歳の三男(やや大きめ)と身長がほぼ変わらず、体重は抜かされていて並ぶと一瞬双子ちゃん。(※顔は似ていないw)

 

誕生日が3月29日ということもあって、小さめの二男は幼稚園のクラスでもいつも一番前。

 

それは3月9日生まれの長男も一緒だったんだけれど…ちいささが、ちょっと違う。

 

二男は成長曲線すれすれでこぼれ落ちるか落ちないか。

 

それでも自治体や病院の定期検診では「ちっこいけど元気いっぱいだから問題なし!」のお墨付き。確かに三兄弟の中で一番やんちゃ。笑

 

 

やっぱり気になる身長の伸び率

それでもなんだか気になって…。

 

というのも、生まれた時は身長50㎝、体重も3160g。生後三ヶ月くらいまでは「大きいねぇ!」と言われていたところから…生後3か月から生後6ヶ月の間の体重の伸びが小さくて。「おや?」と思う。

(お医者さんが付けてくれた成長曲線の印がズレていて、自宅で伸びが悪いことに気が付く)

 

でもでも、わたしも夫も小柄ということと、「ちっこいけど元気!」ということで様子見をして過ごしていました。

(身体測定の度に成長曲線に印をつけては「まだ…こぼれ落ちては…いない…」と表を見つめていました。)

 

年少さんの中にまじっても全然余裕。(校長先生に間違えて年少クラスに連れていかれたこともww)あと半年で年長さんと思うと…「いや、ちょっと…小さくない?」そして、何よりも気になったのが身長の伸び率。

成長曲線のカーブよりも少しずつ下降してないかな…?

 

この時点で(2020年10月)二男の身長は‐1.9DS。

低身長と診断される基準は‐2.0DSなので、まだそこまではいっていない。

 

それでもやっぱり気になったので、思い切って専門のお医者さんがいる病院を予約し、昨日診察してもらってきました。

 

いざ受診!

最初の挨拶で「どこかで低身長の可能性を指摘されましたか?」と聞かれたりして、「えっと…指摘されたことはないけれどわたしが気になって…」と内心ドキドキ。←余談

 

f:id:rinfamilylife:20201119105155j:image

 

で、こちらがあらかじめ提出していた二男の成長記録。

生後1ヶ月と2ヶ月の身長はあまりに大きいのではかり間違いでしょう、とのこと。

 

そして身長のスコア(上で‐1.9DSとか‐2.0DSとか書いていたもの)にピンクのマーカーを引いてくださり、「ここの数値がどんどん大きくなっているので『低身長』になるのも時間の問題です」と。

 

そっかーーーーー!

大げさかな…とかドキドキしていたけれど、来てよかった!!

 

わたしと夫の成長過程などもヒアリングしながら、成長ホルモンの話や遺伝の話、身長が伸び悩んでいる要因として考えられるものなどを教えてくださり、まずは要因を見つけるために血液検査をしましょう、ということになりました。

 

「注射はないよ~^^」ってお話ししてたのにごめん、二男。笑

 

色々なお話を聞きながら、わたしが同じ6時間睡眠なら0時-6時よりも21時-3時を好んでいたり、夕飯は炭水化物少な目にしたり(単におかずをたくさん食べたかっただけw)していたのは理にかなってるんだな~と分かったのも収穫でした✨

 

今は血液検査の結果待ちなのですが、ひとまずは受診してみて良かったです!何もなければないでいいし、気になっていたのに何もしなかったら後で後悔するかもしれないですしね。

 

夫と共に受診をする快適さ

それから、今回は夫と一緒に受診したのがすごくよかったな~~と思いました!

 

風邪とか腹痛嘔吐とかはない我が家の三兄弟ですが、なにかと経過観察などで通院があったりします。(反対咬合、発達検査、弱視(今は遠視)、漏斗胸)

 

その度にわたしが夫にぜ~んぶ説明して、夫の「あれは?これは?これじゃダメなのかな?」に応えるのは結構大変だったので、手間なし&夫も専門家に直接質問ができて控えめに言っても最高でした✨

 

次回の血液検査の結果も、夫と一緒にいくことにしました!

また進展などあれば、こちらに記録として残していこうと思います。