泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

学びと成長の半年間-2021-

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
認定NPO法人マドレボニータ 理事/インストラクターの宮澤千尋です。

オンライン&対面で産後ケアをお届け中!!

バランスボール大泉学園教室は毎週金曜日に開催中🔴✨

※9月のバランスボール教室は休講いたします

◇自己紹介◇ ◆ホームページ◆ ◆各種レッスン◆ ◇Instagram◇

 

 

f:id:rinfamilylife:20210517185853j:image

 

認定NPO法人マドレボニータの産後セルフケアインストラクターになるために。

今日から約半年間の養成コースがスタートしました。

 

第三子産前からの思い

「人が笑顔で健やかに生きていくための仕事がしたい」

「依存関係ではなくて、きっかけとなり、送り出すような仕事がしたい」

第三子の妊娠中、一度職を失ったところからの社会復帰に向けて「わたしはなにがしたいのか」を軸に考えて掴んだ思い。

 

第三子の産後にマドレボニータの産後ケア教室に参加し、「わたしのやりたいことはここにある!」と視界がパッと開け、1年間準備をして飛び込んだ2019年の養成コース。

 

この時は、ボールエクササイズ指導士養成の半年間でした。

じぶんの思いにも身体にも正面から向き合って取り組み、ボールエクササイズ指導士としてデビュー。

 

翌年2020年は現場で学びながら、産後セルフケアインストラクターになるために再び養成コースがスタートするはずでした。

けれど、新型コロナウイルスの流行により、養成コースは中止に。

 

準備を始めた2018年から3年がたち、いよいよ!!!という喜びでいっぱいです。

 

2020年の間に産後のバランスボール教室を開催し、オンラインで4回コースも届けられるようになった今だからこそ、「産後ケア教室を地元で開催したい」という思いは一層強くなっています。

 

「この素晴らしいプログラムを、地元の母たちに届けたい!」

「これまでの学びを周りの人たちに、地域に、還元していきたい!」

 

産後ケア教室って?

・バランスボールエクササイズ

・対話によるコミュニケーションワーク

・セルフケア

 

この3つを柱として、産後ケア・セルフケアを学ぶ場です。

自分の体にも心にも意識を向けていく、この4週間で身体を動かす感覚も、自分はどうしたいのかを考えるちからも、ぐっと変わっていきます。

 

ここでの気づきが「きっかけ」となり、参加してくださった方の産後の過ごし方が大きく変わっていきますように…ひいてはその後の人生も自分の気持ちを大切にしながら歩んでいけますように…という気持ちがわたしの中にあります。

(まだ産後ケア教室は開催していませんが、「産後のセルフケア オンライン教室」をこんな気持ちで開催しています)

 

2021養成コーススタート/今思うこと

現在小学2年生、年長さん、年少さんの男児3人の母でもあり

「産後ケアインストラクターになろう!」と思った33歳の時から3年がたち36歳になりました。

 

33歳って、なんだかとても昔のように感じる…!!

けれど、あの時よりも身体も心ものびのびしています。

 

ハードだな…と感じることもきっとある学びの半年間。

大きく成長して、やりたいことを自分の力でつかめるように。

 

家族の協力や養成チームのみなさんに感謝をしながら取り組もうと思います。

このブログを読んでくださったみなさんも、応援してくださると嬉しいです✨