泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

さらにシュッとしたお腹へ!

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
認定NPO法人マドレボニータ 理事/インストラクターの宮澤千尋です。

オンライン&対面で産後ケアをお届け中!!

バランスボール大泉学園教室は毎週金曜日に開催中🔴✨

※8月のバランスボール教室は休講いたします

◇自己紹介◇

◆ホームページ/各種レッスンはこちらのリンクより◆

 

前回、「今のお腹は自分が選んで作っている状態」で、ついている脂肪をどうこうせずとも、骨盤を起こすことで、ぶよぶよお腹やぽっこりお腹から脱することができる✨という記事を書きました。

 

www.35familylife.com

 

今日はもう一段階!お腹をシュッとさせる方法をご紹介します✨

 

 

さらにシュッとしたお腹に!

もうこれは見てもらった方が早いですね…ということで、こちらっ↓↓↓↓

f:id:rinfamilylife:20210621223925j:image

 

 ①が前回お話しした骨盤を起こした状態です。

ぶよぶよでもぽっこりでもないけれど、ウエアの上にまだぽよっとしたお肉がありますよね。②の方がシュッ✨としていませんか??

 

よく見ると、おへその位置も違いますよね🔍👀

 

これは骨盤を起こすだけではなく、筋肉をコントロールしている状態です。

 腹直筋の下腹部をグッと引きのばしておへその位置を高くしています。

こうすることで、恥骨~おへその距離が長くなってさらに脂肪がならされますし、骨盤~肋骨が筋肉でしっかりと支えられているので腰痛も起こしにくくなります。

 

①でも腹筋背筋は発揮されているので、①と②のどちらで過ごすかは本当にお好みですが、「お腹をよりシュッとさせたい✨」という方は、鏡を見ながら「おへそを上に…上に…!」と筋肉コントロールの練習をしてみてください☆

 

最初はピクリともしないおへそが、はやい人なら1ヶ月くらいで少しずつ動くようになってきます。お風呂上りは筋肉もリラックスしていて緩んだところからの変化を確認しやすいので、へそ上げ練習はお風呂上りがオススメです♡

 

へそ上げの推しポイント

 

  • おへその形もシュッとする(産後は筋力低下と皮膚が伸びたことでおへその形が変わる人も)
  • おへその位置が高い=腰高・脚が長く見える(なかなかお腹を出すことはないかもしれませんが。笑)
  • 脂肪は緩んでいるところにつきやすいので、お腹に脂肪が付きにくくなる
  • かなり筋力を発揮した状態なので代謝アップが期待される
  • どんなに忙しくても、わざわざ時間をつくることなくいつでもできる

 

シュッとしたお腹&腰痛予防の他にも、推しポイントは盛りだくさん♪

 

特に、どんなに忙しくてもいつでもできる…のところが気に入っています。

 

産後は本当にバタバタで、いきなり毎日時間を決めてトレーニングをしよう!と思うと続かなくて「忙しいから…」と挫折することもあるんじゃないかなと思います。

 

なので、まずはいつでも「ながら」でできることから✨

そうすると自分に意識を向ける時間が自ずと出てきます。

見た目や健康のために骨盤の角度やお腹の筋肉をコントロールすることは、それだけにとどまらず、赤ちゃん第一優先で自分のことはずっと後回し…になっていた意識を少しずつ変えていくきっかけにもなるはずです☺