泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

鍛錬の日々にもユーモアを

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
認定NPO法人マドレボニータ 理事/インストラクターの宮澤千尋です。

オンライン&対面で産後ケアをお届け中!!

10月&11月は産後ケア教室体験会を開催します🔴✨

養成期間のみの特別価格をお見逃しなく♡

◇自己紹介◇ ◆ホームページ◆ ◆各種レッスン◆ ◇Instagram◇

 

金曜日のブログ…のはずが0時を大きく回ってしまいました😲

養成コースでは実際に教室で行うリードを撮影して振り返り・考察と共に提出する課題が毎週あるのですが、わたしはそれが「音読」のようになってしまう…💦

 

実は歌を歌う時もそうなんです、ピッチも音程もあたってるけど、それだけー、みたいな💦(もうずいぶん歌っていないので今はそれらも怪しいwww)

 

ついつい「強弱」とか「語尾の工夫」というテクニックで変えていこうとしてしまうのですが…そうじゃない…自分の思いや気持ちがのせられていないんだな…とジタバタしています。

それについて夫と話していたらこんな時間になってしまいました😂

 

「話し方」を意識すればするほど「自然」に話すって何だっけ???!と迷走して…

 

昨日(木曜)はリードの一部を広島弁で撮影したものを同期にシェアしました。

「もう、自然が何なのか分かんなくなった!!!」って。笑

 

でもそしたらみんな笑ってくれて、「めっちゃ自然😆笑」の声も。笑

 

自分のクセや無自覚の思い込みを自分で見つけて取っ払っていく。頭では分かっているのにできないもどかしさの中で試行錯誤する。向上心と不甲斐なさの葛藤…。

ただ楽しいだけじゃない、大変な道をみんな歩いているけれど、そんな日々の中でもユーモアを忘れたくないなって思えたのでした。

 

なにより、追い込みの中にいる同期が「爆笑🤣」「最高っ」「和んだ―」と言っていたのが嬉しくて。追い込みの日々だからこそ、笑うって大切💓心のスペースを、ぎゅっと緊張した心に新鮮な空気を💓