泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

30分間の読書タイム~戦略的休息の効果~

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
認定NPO法人マドレボニータ 理事/インストラクターの宮澤千尋です。

オンライン&対面で産後ケアをお届け中!!

バランスボール大泉学園教室は毎週金曜日に開催中🔴✨

※9月のバランスボール教室は休講いたします

◇自己紹介◇ ◆ホームページ◆ ◆各種レッスン◆ ◇Instagram◇

 

 10日ほど前に、戦略的休息のために30分の読書時間を!という記事を書きました📚

わたしの求めていたもの〜戦略的休息〜 - 泣いて笑って手をつなぐ

 

なかなか本屋さんには行けないのでネットで気になっていたものや気になるものを購入♪

 

f:id:rinfamilylife:20210816173805j:image

 

インターネット上で検索をしていると、やっぱり本屋さんにいってウキウキしながら購入するあの時間も、状況が落ち着いたらまた楽しみたいな…と思いました😌💕

 

本が届いたら早速30分間読書をスタート♪

おなじ「自分時間」でも、やっぱり本当に求めているものをするのと、なんとなくその時出来ることをするのでは、気持ちが全然違うなと思いました。

 

戦略的休息の効果

ごろんと横になってスマホを見る…の“休息”では得られなかったプラス面がこちら。

  • しっかり脳内がリフレッシュされる
  • 休息時間が終わった後に満たされた気分になっている
  • この時間を過ごしてよかったと思える

 

「休息をとる」と言っても、その時間に何をするかも大切なんだなと改めて。

身体が疲れている時に身体を休めたりケアしたりすることは割と意識していましたが、精神面でのケアが足りていなかったんだなぁと気が付きました。

 

自分の精神面のケアになるものは何か?を探すところからという方もいると思いますが、そんなときはまず、「時間も状況も許すならばわたしは何がしたいのか?」をいくつか挙げてみることをオススメします☺

 

そして次のステップは、短時間でもいいからやってみること!

 

これにはこのくらいの時間をかけないと…と思ってしまうとなかなか踏み出せないので、まずはやってみる!

短時間でも「やるぞ!」と決めたらなかなかの集中力が発揮されるので、思った以上に充実した時間を過ごすことが出来るのではないかなと思います。

 

そうすると、その休息時間を楽しみにその前の取り組みも捗ったり✨

 

自分にとっての「休息」は1つではないと思うので、わたしも状況によっていろいろ選択できるように、「わたしにとっての真の休息」を探っていきたいと思います!