泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

【産後のセルフケア オンライン教室9月コース】対話をする前から気づきが・・・

✲出産をしたら産後ケア✲
●宮澤千尋●
NPO法人マドレボニータ 理事
認定 産後セルフケアインストラクター
( '14 '16 '18 に男児を出産 )

✲埼玉と東京の産後ケア教室✲

表参道/大泉学園/花小金井/和光市/オンライン

◆公式サイト:産後ケア教室って?
◇Instagram:受講者感想やレッスン風景

★産後ケア広島教室8月開催決定★

 

f:id:rinfamilylife:20210914121633j:plain

 

みなさんこんにちは!

先ほどオンライン4回コースの2週目を終え、エネルギー満タンの午後を過ごしています。

 

オンライン教室では、毎回1つテーマを決めて2人組になって話をしていきます。

その対話を終えた後は、気づきや感想を言葉にしてシェアする時間があるのですが、この時間こそが対話のワークの醍醐味かも…!!

 

もちろん、話すこと、聞くこと、相手の話を要約して返すこと、これも大切なのですが、そこで感じたことを言葉にするからこそ、対話の時間が活きてきます✨

 

さらに今日は、その対話をする前の時間、何を話そうかなと考える時間にも気づきがたくさんあったという声をいただきました。

 

※今日のテーマは「わたしの大切にしたい価値観」。

考えやすいように、事前に多様な価値観の書かれたリストを参考に渡しています。

 

リストの中から大切にしたいものを選ぶ中でも「すでに大切にできているもの」「大切にしたいけれど、出来ていないもの」があり、改めて自分が何を大切にしたいと思っているのかが整理されて、自分と向き合ういい時間でした。

 

大切にしたいものの中にも、すでに大切にできているものと、大切にできていないものがある…これが今わたしが考えていることと重なって「本当にそうなんだよね…!」と心に響きました。

 

“大切にしたいけれど出来ていないもの”

これが感覚ではなく言葉として見えてくると、自分の「こうありたい」にリーチする大きな手掛かりになってきます。

いま大切にできていないのはどうしてだろう?

大切にするためにはどうしたらいいだろう?

まずは「〇〇を大切にしたい」と意識してみよう・・・。

(↑これはアナログに、紙に書いて見えるところに貼っておくだけでも変わってきます)

 

自分が何を大切にしたいのか、何を望んでいるのか。

赤ちゃんのお世話にいっぱいいっぱいで「わたし」に意識を向ける時間がとっても少なくなりがちな産後ですが、母になった人生をより楽しく歩いて行きたいと思った時には、「わたしは何を大切にしたい?わたしはどうしたい?」に立ち返ってみることがとってもオススメです☺