泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

【産後のセルフケアオンライン教室】考えること・話し・聞くことで開かれる未来

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
認定NPO法人マドレボニータ 理事/インストラクターの宮澤千尋です。

オンライン&対面で産後ケアをお届け中!!

10月&11月は産後ケア教室体験会を開催します🔴✨

養成期間のみの特別価格をお見逃しなく♡

◇自己紹介◇ ◆ホームページ◆ ◆各種レッスン◆ ◇Instagram◇

 

f:id:rinfamilylife:20210921174518j:plain

 

9月も後半、オンライン教室9月コースも折り返しの3週目となりました。

 

3週目は「人生・仕事・パートナーシップ」の中から1つテーマを選び、大切にしたい価値観を手に、今の自分について立ち止まって考える時間があります。

自分の想いに意識を向け、考えて、言葉にして、ペアになった相手に聞いてもらいます。

 

赤ちゃんのお世話で1日があっという間の産後。

仕事やパートナーとの関係性が大きく変わっていくことは分かりながらも、なかなかじっくりと考える時間も話す時間もない💦だからこそ、レッスンでは自分と向き合う時間をとっています。

 

そして、自分の想いを言葉にするだけではなく、相手の話を聞くことで気づきがあったり勇気づけられることがたくさんあります。

 

思いの共有タイムには、第一子の産後でこれからどう仕事と家事育児を両立していくのか先が想像できなかったという方からこんな感想が。

 

周りにはしばらくは子育てに注力する方が多くて、先のことを思い描けなかったけれど、第一子、第二子の産後にすでに復職した経験のある人の話しが聞けて未来が思い描けるようになりました。

 

産後1年で復職を考えている人の話しが聞けて勇気をもらえて、わたしも頑張ろうと思えました!

 

家の中で1人で考えていると行き詰まったり、眠れない夜に先のことを考え始めると不安な思いが膨らんだりしやすいけれど、「できるかできないか」ではなく、まず「自分はどうしたいのか」を考えることで「望みを叶えるためにはどうしたらいいのか」という発想になりやすく、色々な人の考えを聞くことで、将来へのヒントがつかめたり、勇気をもらえたりします。

 

コロナ禍では以前にも増して、家族以外の大人と話をする機会が少なくなっていると思います。

 

マドレボニータは身体を整えるだけではなく、心も整えるプログラムを用意してお待ちしています✨

 

最初の一歩は少し勇気が必要かもしれませんが、参加してよかった!!ときっと思っていただけます☺️

興味があるかも…という方は、ぜひご参加ください❤️