泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になri

三男4歳のお誕生日~産後から遠ざかれど…~

✲出産をしたら産後ケア✲
●宮澤千尋●
NPO法人マドレボニータ
認定 産後セルフケアインストラクター
( '14 '16 '18 に男児を出産 )

✲埼玉と東京の産後ケア教室✲

表参道/大泉学園/和光市

◆公式サイト:産後ケア教室って?
◇Instagram:受講者感想やレッスン風景

 

こんにちは、産後のセルフケアインストラクターの宮澤千尋(りんちゃん)です☺

この3連休はみなさんどのように過ごされましたか?

 

我が家は一足早く三男のお誕生日をお祝いし…

2022年1月11日、本日三男が4歳のお誕生日を迎えました🎉

 

f:id:rinfamilylife:20220111154411j:image

 

妊娠・出産・0歳児育児を繰り返してきて、いつまでもずーっと赤ちゃんがいるような気持ちでいたのですが、末っ子三男が4歳・・・もう、小さな子がたくさんの我が家ではなくなっているんだなぁと気が付きました。

 

この仕事をしていなければ、あれだけ試行錯誤してもがいた「産後」を思い出すことはどんどん少なくなっていくなということも感じています。

 

産後ケアは社会に絶対必要なものだけれど、そこにとどまって問題提起し続ける人が少ないのではないかと思います。それは「喉元過ぎれば熱さを忘れる」のではなく、子どもの成長と共に新しい課題がどんどん出てきて、「産後」当事者であった人たちはそこにとどまっていられないから。

 

ただ、産後から少したって、子育てが落ち着いて、「あぁ、まだ産後の課題は山積みなんだな」「産後ケア事業を応援したいな」と、応援してくださる方がいらっしゃるのも事実。

どれだけ時間が経っても「産後」のままならなさは記憶から消えることなく残っているんですよね。

 

最新の産後から4年経ったけれど、今年も産後の閉塞感やしんどさから抜け出すきっかけを作っていければと思います。

 

***

 

三男のお祝いをしている時に長男が「子どもがたくさんでにぎやか良かったね。産んだ甲斐があったね!」とニコニコしながら話しかけてきました。

 

「〇〇した甲斐がある」なんて言葉を知っているの?!笑

でも、本当にみんな仲良くて楽しそうでなによりだよ。

頑張って産んだ甲斐があったわ!!😆