泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

【対話をじっくりオンライン産後ケア教室】家にいながら視野が広がるきっかけに

✲出産をしたら産後ケア✲
●宮澤千尋●
NPO法人マドレボニータ 理事
認定 産後セルフケアインストラクター
( '14 '16 '18 に男児を出産 )

✲埼玉と東京の産後ケア教室✲

表参道/大泉学園/花小金井/和光市/オンライン

◆公式サイト:産後ケア教室って?
◇Instagram:受講者感想やレッスン風景

 

f:id:rinfamilylife:20220224145314j:plain

 

こんにちは、産後セルフケアインストラクターの宮澤千尋(りんちゃん)です☺

 

2月に企画した「対話をじっくりオンライン産後ケア教室」の木曜日コースが修了しました。

通常のオンライン4回コースよりも対話の時間をじっくりとっていて、筋トレもちょっと負荷UP!

想像以上に密で充実した時間になったな…と、みなさんの声からも、そしてわたし自身の体感でも感じています。

 

今後も開催していきたいです♡

 

 

 

家にいながら視野が広がる

 

1ヶ月でも毎週顔を合わせながら気付きをシェアできることで、家にいながら視野が広がるきっかけをもらえた。
4か月前にもマドレのオンラインレッスンに参加したけれど、その時から見え方が変わってきて、当時は考える余裕もなかった「5年後」に頭が働くようになっていた。

 

それでも「4か月前から考えていることが変わっていない」という彼女に対し、前回も今回も一緒に参加していた方からは「より希望が具体的になっていたよ」という声かけもあり、段階を経て思いをシェアしていく尊さも感じました。

 

思いをシェアできる濃くて充実した時間

 

ただストレッチだけじゃなくて、対話の時間があるのが他の教室と全然違う。対話の時間も長いから濃い。みんなで思いをシェアして、その濃さを共有できるのもおもしろかった。充実した時間でした。

 

赤ちゃんのお世話をしながら、ストレッチにもワークにも積極的に参加してくださった姿が印象的でした。日ごろ感じている悩みを開示してくださったからこそ、「なるほど~」なアドバイスが生まれて、さっそくトライしてみたら改善を感じたという嬉しい声も✨

 

「対話をじっくり」では、同じ悩みを抱えていたり、育児の先輩がいたり、やっぱり自己開示できる場所があるって心強いなぁと感じる場面が多かったです。

 

身体を動かすと思考の幅が広がる

 

身体を動かせると、頭も柔軟になって、動かずに考えるよりも思考の幅も広がるなと感じた。ストレッチや筋トレをすると酸素が取り込まれるからかな…?
職場復帰前のタイミングで、会社とも話し合っている段階。1人で考えていたら、どんどんマイナスに考えていたと思う。先輩ママの話を聞いたり、これから復職される方もいらっしゃる中で、気も楽になった。この会にすごく助けられた。
これからは1人でやっていかなきゃいけないけれど、継続したい。

 

これも、一緒に参加したみなさんは「うんうん」と共感の様子。本当に、じーっと考え込むよりも、身体を動かした方がちょっと違う視点が降ってきたり、頭にかかっていた靄が晴れてきたりするんです!

身体を動かすと頭の中もクリアになっていくって本当に不思議だけれど、しっかり酸素も取り入れられるし(産後は呼吸が浅くなっていることが多い!)、血流もよくなるし、動くことでエネルギーが生み出されるんですよね✨

 

本当に、濃い時間だったなぁ…と振り返っています。

本音で話しても受け入れてもらえる安心感があるからこそ、週に1回でも深い話ができるし、絆が生まれていきます。

 

産後の心強い仲間との出会いに感動しながら、今後もつながりや回復のきっかけづくりをしていきたいなとあたたかな気持ちでいます☺