泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

何回目の産後だって「全然平気」なんかじゃない!

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
認定NPO法人マドレボニータ 理事/インストラクターの宮澤千尋です。

オンライン&対面で産後ケアをお届け中!!

バランスボール大泉学園教室は毎週金曜日に開催中🔴✨

※9月のバランスボール教室は休講いたします

◇自己紹介◇ ◆ホームページ◆ ◆各種レッスン◆ ◇Instagram◇

 

f:id:rinfamilylife:20210525203847p:plain

 

産後のセルフケア オンライン教室5月コース

なんと、わたしも含めて参加者全員が3児の母!!

なかなかビンゴ!することのない組み合わせです😆

 

 

ふと気が付いた気持ち

毎週行うコミュニケーションワークの後に、

毎回今感じていることをシェアする時間を持っています。

(テーマを元に自分の頭の中を言語化して話す&聞くワーク)

その時間にぽろっと出た言葉。

「3人目だって悩みはある、3人目だからこその不安もある」

そのことに、話していてハッと気が付いた…とシェアしてくれました。

 

3人目だからもうベテランだね!

全然悩みもないでしょう!

育児も楽勝だね!!

 

 

 はじめての出産ではないということで、

こんな言葉をかけられることは少なくないですよね。

産院でも、○ヶ月健診でも、そしてパートナーからも。

 

いやいやいやいやいや!

何人産んだって、赤ちゃんの個性はそれぞれ。

そして上の子を見ながらの育児だって初めて。

上の子が大きければ、年齢に応じて悩みも変わってくるし、

そこに対峙するのは初めてのこと。

これまでの出産で筋力の回復に取り組んでいなければ、

体力はどんどんなくなっている状態。

 

何回目の産後だって、「全然平気」なんて絶対に言えない!

うんうんと頷きながら、みんなで言葉にしていきました。

 

悩みや話したいことがあっても

「もう平気でしょ、話すことはないよね~」と言われると話しづらくなるもの。

このコロナ禍では、健診時の声掛けをスキップされることもあるそうで…。

 

初めての産後も、○回目の産後も、それぞれに大変さや悩みがある。

「大丈夫だよね!」ではなくて

「どう?」「困っていることや言葉にしたい思いはない?」と

声を掛け合っていきたいなぁと噛みしめた時間でした。

 

話して笑いあえることの力

コロナ禍も手伝って、本当に家族以外と話す機会がないと

レッスンに参加してくださった方は話してくれます。

だから、同じ状況の母たちと、

こうやって話して笑いあえていることに本当に救われると。

 

自分の中にある不安を言語化して、誰かに聞いてもらう。

それだけで気持ちが整理されたり、

「だから、わたしはどうしたい?」に考えが及んだりします。

まずは自分の中にある気持ちを認めること。

そして、言葉にして誰かと共有すること。

そうやって少しずつ、心も健康になっていく。

 

4回コースを開催するたびに「やってよかった!!」と噛みしめるのは

その過程を一緒に歩かせてもらっているからだな…と思います。

 

5月コース、来週は最終回です!

いつもと同じ時間に、いつものメンバーで

笑顔で挨拶できることを楽しみに今週も過ごします😊✨