泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

自律神経を整えるセルフケア

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
認定NPO法人マドレボニータ 理事/インストラクターの宮澤千尋です。

オンライン&対面で産後ケアをお届け中!!

バランスボール大泉学園教室は毎週金曜日に開催中🔴✨

※9月のバランスボール教室は休講いたします

◇自己紹介◇ ◆ホームページ◆ ◆各種レッスン◆ ◇Instagram◇

 

f:id:rinfamilylife:20210524213025j:plain

 

突然ですが…産後、こんな症状に悩んでいる人はいませんか?

 

  • ソワソワイライラする
  • 情緒不安定
  • 常に体がだるさを感じる
  • 疲れているのに寝付きが悪い



わたしは第二子の産後に睡眠時のくいしばりによって体を壊した時期がありました。上記の自覚症状もあり、たどり着いたのが“自律神経の乱れ”でした。

 

“自律神経を整える方法”に匙を投げたあの頃

www.35familylife.com

 

 サムネイル写真が見えている方は「本気ですか?」と突っ込みたくなるような体のこわばり💦これは、第二子産後のわたしの身体です。

 

当時は、寝ている間に歯が割れるほどの食いしばりをしてしまうように…。

でも、寝ている間ですからね…「くいしばらない」が本当に難しく、身体は悲鳴をあげていました。

 

自律神経の乱れを引き起こすもの

上記ブログにも書きましたが、原因は自律神経の乱れだろうなと。

でも、自律神経の乱れを引き起こすものがこちら↓↓↓

 

■精神的・身体的ストレス

〇環境の変化

〇生活の変化

〇疲労

■睡眠時間の乱れ

〇睡眠がとれない

〇不規則な睡眠時間

■食の乱れ

〇食事が不規則

〇早食い

 

これは……産後女性がすっぽり当てはまるのでは??

ここにたどり着いたときには「あぁ、もう無理じゃん、、、」と脱力しました。

 

セルフケアで自律神経にもアプローチできる!

でも!!自律神経に自らアプローチして整える方法があるんです!!

 

それは、背骨をしなやかに動かすこと!!

自律神経の根っこの部分は、背骨の中にある脊柱とつながっています。

なので、背骨を動かすことで自律神経にもアプローチでき、副交感神経にスイッチオン

✨リラックスへとつながるのです😊

 

背骨をしなやかに動かす…というのはこんな感じ!

(「キャットストレッチ」の解説動画)

www.youtube.com

 

背骨1つ1つを順番に動かすよう意識するとより効果的です。

産後は方だけではなくて背中まで凝り固まって、こんなにしなやかに動きませーん!という方も少なくないんじゃないかな…第二子産後のわたしなんて、背中が1枚の板のようになっていました😂

 

なので、うまくいかなくてもいいから、まずは動かすこと!

動かしているうちに、少しずつほぐれてきます。

四つん這いになる気力もないわ…という時は、座った状態で背中を丸めたり反らしたりするだけでも、やらないよりは絶対にいいです✨

 

毎月開催しているレッスンでは、3週目に背骨の動きと呼吸を組み合わせた「骨盤呼吸法」をお伝えしています✨

神経が高ぶって値付けないな…という時でも、これを行うとふわーっと眠気が下りてきてスッと眠りにつくことができます💤
参加してくださった方からも「夜間の授乳のあと、骨盤呼吸法のおかげですぐに寝付けました!」という声をたくさんいただいています😴✨(嬉しい✨)

 

自律神経…なんて気にしていなかった方も、寝つきが良くない、なんだかイライラする…そんな時には背骨をしならせて、リラックスのスイッチを入れてみてください♡