泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

【産後のセルフケア オンライン教室】

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
認定NPO法人マドレボニータ 理事/インストラクターの宮澤千尋です。

オンライン&対面で産後ケアをお届け中!!

10月&11月は産後ケア教室体験会を開催します🔴✨

養成期間のみの特別価格をお見逃しなく♡

◇自己紹介◇ ◆ホームページ◆ ◆各種レッスン◆ ◇Instagram◇

 

f:id:rinfamilylife:20211109134549j:plain

10月半ばにスタートしたオンライン4回コースが修了しました!

週初めである月曜日のレッスン。

土日の疲れがあったり、まだエンジンが入りづらい時間の中で、みなさんよくぞ参加してくださいました!!という感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ー自分が自立しなきゃいけないんだなと思ったー

 

産後3ヶ月から半年間学びに集中していて、それが終わって心が穴が開いたような状態のときにこの講座に申し込みました。
今、子どもが歩き出したり、断乳が見えてきて寂しい気持ち。
対話で「5年後のわたし」を考えた時に、子どものお世話に手がかからなくなってきて、やっぱりまた心に穴が開いたような状態になるのかもと思いました。
自分が自立していかなきゃいけないなという気づきと、「自立」に対して不安に思う気持ちがあることに気が付きました。

 

ー対話をする中で自分の状態に気が付けるー

 

対話の時間が長くて、間が空いたけれど、「そんな時に自分でも気が付いていなかった本音が出る…」を体験した。
やりたいことは明確にあるしいつも頭のどこかで考えているのに、日々の生活の中ではそれを面倒に感じたりしんどく感じることが何故か分からなった。
でも話していて、体が疲れているから、やりたいことは分かっていても体がついてきていなくてズレが生じているんだと対話の中で気が付いてびっくりした。 すごく疲れているし無理をしてる。
そんな自分を認めてあげて、もっとリラックスして考えてもいいのかなと思えた。

 

4週目は最後に、1ヶ月参加してみての変化や気づきをシェアしていただきます。感じたことをシェアしてもらうこの時間は本当に貴重だな…と毎回、みなさまの一言一言を噛みしめながら受け取っています。

 

身体の状態は変化し続けていくし、それに伴って感じることも変化していくと思います。

そんな時に、今その時の「わたし」に向かい合っていけたらいいですよね。