泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子三兄弟の母になる!

■産後ケア大泉学園教室10月コース修了

✲出産をしたら産後ケア✲
●宮澤千尋●
NPO法人マドレボニータ 理事
認定 産後セルフケアインストラクター
( '14 '16 '18 に男児を出産 )

✲埼玉と東京の産後ケア教室✲

表参道/大泉学園/花小金井/和光市/オンライン

◆公式サイト:産後ケア教室って?
◇Instagram:受講者感想やレッスン風景

★産後ケア広島教室8月開催決定★

 

 

こんにちは、産後セルフケアインストラクターの宮澤千尋(りんちゃん)です☺

 

ダウンコートを着ている人を見かけるくらい気温の下がった最終日!

産後ケア大泉学園教室10月コースが修了しました✨✨

 

10月の大泉学園教室には、双子母のMちゃんがケアバトン制度を利用して参加してくださいました💞
そして教室OGで翌月に仕事復帰を控えたYちゃんが1ヶ月通してサポートしてくださいました✨✨

気温差の激しかった1ヶ月間、お2人とも通い切って下さったことが素晴らしいし、本当に濃く楽しい1ヶ月間でした💓

 

思ったより大変だったけど通ってよかった!

双子母Mちゃんの感想をシェアさせてください🌸
 

外出のきっかけがあった方がいいなと思い申し込みました。
双子を連れて決まった時間に決まった場所へ行くことは、思ったよりもやっぱり大変でした。

でも、思い切ってやってよかった!!

1人だと「今日は(お出かけしなくて)いいかな…」となるところを、外出できて、人と話すことができて、本当によかったです。

対話のワークがあることを知らなかったけれど、話しながら「自分に目を向けていなかったこと」に気づけました。

子どもはいつか巣立っていくけれど自分とは一生のお付き合い。
改めて「考えて・話す」機会が持ててよかったです。

身体も心も、まさに「リハビリ」ができました!!

  

「子どもはいつか〜自分とは一生のお付き合い」

名言いただきました!!!!!

 

でも、本当にそうですよね。

子どものことで頭がいっぱいな毎日だけれど、やっぱり「わたしはどうしたい?」を忘れたくないんです。忘れてらしくないんです🥺✨✨

 

わたしは初めての出産から約5年間…「わたしはどうしたい」を見失って生活していました。

 

そうなると、自分の好きなもの、食べたいもの、したいこと、全部よく分からなくなってしまって、、、

 

「わたし」の感覚を取り戻すのに時間を要しました。

 

それが…10年15年20年だったら?!!

 

いつからだって遅くないけれど、やっぱり早めに「わたし」を取り戻すに越したことはないかなって思っています。

 

 

「あぁ〜、自分のことを後回しにすることが当たり前になってるなぁ」

そんな方は是非教室に来てください❤️